高齢になると、不妊になりやすい

いつまでも、若々しい素敵なアンチエイジングな女性でいたいと、年齢を重ねている女性なら、正直誰もが多かれ少なかれ思う事でしょう。若々しくありたいと美容に気をつけたり、意識を高く持つ事はとても大事な事です。でも現実には、人間誰もが生まれてきた瞬間から平等に年を取ってゆくのも紛れもない事実です。否定するつもりはありませんが、目を背けずに事実として認識しておく事も大事でしょう。特に女性の場合、出産の事を考えると、致し方ない現実に直面せざるをならなくなります。高齢になるにつれ、妊娠しづらくなります。受精卵が着床しなくなるからです。現代の女性は、仕事にも価値を見いだし、それに向け、頑張って輝いている女性が増えています。その流れで晩婚化や、結婚後も仕事を続ける選択を選ぶ女性は、過半数近くいます。不妊治療の補助も増えると言いますが、自然に授かり出産出来る様、社会を見直す必要もあるのかも知れません。

高齢女性に不妊治療を施す意味

子を設けるか否か、あるいは作れるか作れないかは、本人および配偶者にとっても、そして少子高齢化が日本社会にとっても非常に深刻な問題です。無駄な行政に税金を使うなら不妊治療の補助にもっと当てるべきだという意見をお持ちの方も多いかもしれません。しかしこの問題で難しいのは、「どこからどこまでが不妊か」という線引きです。見た目がピチピチして若くても、35歳以上なら「高齢出産」とされています。四半世紀ほど前までは30歳以上で「高齢」とされていました。いまどき、30代後半で初産という人も珍しくありませんから、努力して子供ができなければ「不妊」と言って差し支えないでしょうが、40歳を過ぎればどうでしょうか。保険負担対象として「閉経までが対象」としてしまうのはいくらなんでもナンセンスですね。妊娠は若いほどしやすく、特に初産が早いほどその後の妊娠もしやすくなるそうです。そして若い時に出産する方が産まれてくる子もより健康なんだそうで、恋愛・結婚とは別に、子供を作るということに関しては男性側も含めて早いうちに考えた方がよさそうです。

女性の高齢出産と不妊症

女性の年齢が上がっていくにつれ、子どもを授かりにくくなりますし、自然に子どもを授かったとしても、五体満足な健常者が生まれてくるかと言った確率は、残念ながら高齢者の方がリスクが高く生じて来ます。現代の日本の社会や企業は、働く女性が出産や育児をしやすい環境へと、福祉的にも色々な働きかけを行い、社会全体でもっとより良い社会へ変革している時期にあると感じます。とはいえ、仕事復帰をしようとも、なかなか保育園の空きがないなど、行政にも様々な問題を抱えている事も事実ですが、保活しながら、少しずつでも環境を整えていく事が可能であるなら、自然に授かりやすい時期に、妊活を行うべきではないでしょうか。産まれたら産まれたで、手を差し伸べてくれる人や、機関など、きっと何かしら見つかるはずです。不妊で悩んだり、子どもの障害のリスクを危惧するよりは、踏み出して出産までに解決策を考えてみませんか。

子宝マッサージや子宝整体といった施術の元祖です。 生活を安定させたい客様の子どもをつくるという最高の幸せを産前から産後までトータルサポートさせていただきます。不妊に関して長年研究を続けたプロのドクターが検査。 35歳以上の出産は高齢出産と言われております。 料金は、指導料10,000円。子宝整体12,000円。子宝はり7,000円。 高齢で不妊治療をしたいならご相談ください